KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2020/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
ぴあすまいる東センター
IMG_5373-h.jpg
  この春にお引き渡しした「ぴあすまいる東センター」です。
  書店やドラッグストアを営業していた店舗を障がい者福祉事業所(デイサービス、ショートステイ)に改装しました。

d0a92f36.jpeg
  同じ法人で運営されている施設なども見学させていただき、今回の施設に求められること、配慮すべきことを確認、打合せをしながら、進めてきました。用途変更にともない、既存建物にはなかった外部階段、非常用すべり台、エレベーター等を新設しています。ここに来る仲間は、身体に重複障がいをかかえていたりするため、トイレでの滞在時間は長くなる場合もあります。そのため、トイレの個数を増やしたり、クーラーを取りつけた室を設けるなどの配慮もされています。また、浴室には職員への負担少なく、仲間も不安少なく、入浴できるようリフトが設置されました。同エリアにある通所施設の利用者増を補うことを目的に開所した「ぴあすまいる東センター」。利用の仲間も多く、安心して日中を過ごせる活動の場となっているようです。

拍手[0回]

みんなでつくる保育園-第4回WS
43fc09fc.jpeg 保育園建て替えにともなう第4回ワークショップを行ないました。「よその保育園にはどんな工夫がしてあるんだろう?」事前に探検隊が出動!。たくさん写真をとり、職員の方にインタビューをして、空間の使い方、家具の使い方、運営の仕方などを探ってきました。インターネットで情報収集した探検隊も。今回は、その探検隊7グループのレポート発表です。
 門、玄関廻りのセキュリティ、受け渡しの考え方、トイレの位置関係、調理室の見せ方、ホールの考え方、園庭、保育室のスペース分け、職員の勤務体制等々、各探検隊が気になった点を発表。各園で違いがあり、聞く先生方も興味津々、質問も多く交わされました。お仕事が終わった後に見学に行き、レポートの準備、先生方ありがとうございました。今回、ほとんどの探検隊に同行し、一緒に見学したことで、私たち設計者とは違う先生たちの現場の視点を確認することができ、とても参考になりました。また、探検隊訪問に快く対応いただきました6園の皆さま、ありがとうございました。
 周辺の環境、敷地と建物の関係など違いはありますが、今回の建物に、先生方と運営の仕方を確認しながら、いろいろな園の「いいね」を取り入れ、計画をまとめていきます。 

拍手[0回]

みんなでつくる保育園-第3回WS
WS3.jpg 保育園建て替えにともなう第3回ワークショップを行ないました。今回のテーマは、「もっと詳しく見てみよう」。
 前回みんなで検討した内容を反映させたプランと模型をみてもらい、意見を出してもらいました。設計者としては、針のむしろのような状況です^^;。しかし、たたき台があると意見は出やすいもの。散々叩いてもらいました。そのおかげで、たくさんの課題が見えてきました。先生たちも運営上の課題、検討事項が見えてきたようです。
 敷地や定員により必要となる諸室の面積は変わりません。知恵と工夫が必要となりそうです。そこで次回は、先生方に他園を見学してもらい、今回の計画に活かせるヒントなど注目した点を発表してもらいます。 

拍手[0回]

みんなでつくる保育園-第2回WS
 保育園建て替えにともなう第2回ワークショップを8月4日に開催しました。今回のテーマは、「大きなことから考えよう!」。大きなこととは、園庭と園舎の配置という意味で、まずは敷地の条件を知り、共有することから始めました。
◆交通  登園・降園のピークとなるであろう朝・夕の各3時間の交通状況(クルマ、自転車、人
 の流れ)のビデオを上映し、前面道路は人も車も多いことを共有。交通に関する専門家のSさ
 んより、周辺の交通状況、特性、将来予測などの解説をしてもらいました。
◆日照  ビルやマンションの谷間にある本敷地。日影図を確認してみると日照が限られること
 がわかり、太陽光発電は難しいことも共有。
◆風   この地域は、年間を通して昼は海(北)風、夜は陸(南)風であることを共有。

 少しでも園庭を広く、こどもがめいっぱい体を動かせるようにしたいと願う先生たち。ただ、今回の土地は余裕いっぱいの土地ではなく、地べたの園庭には限りがありそう。というわけで、元保育士で庭師である小泉昭男さんの本より、身近な自然を感じることができる「命と遊びの園庭づくり」の事例を紹介し、園庭の考え方の糸口に。
 そして、本題の園庭と園舎の配置。まずはひとりで。それから4つのグループに分かれ検討してみました。「屋上に園庭って暑いかな」「何階建てまで大丈夫なのかな」「予算は大丈夫?」など、手を動かし、口を動かし、立体パズルのような配置検討。最後に、各グループが検討内容を発表、分かち合いました。なんと、4グループそれぞれ、nの字型、逆コの字型、コの字型、雁行型と違う配置を考えました。この短い時間に敷地条件を読み取り、これほど多様な案が出てくるとは、正直びっくりしました。それぞれの検討要素を踏まえ、条件を整理して、次回プランを提示します。IMG_5121-horz.jpg
 

拍手[0回]

« 前のページ | 1 2 3 4 5 6 7  | 次のページ »
HOME
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz