KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
「高齢者グループホームの記録」-竣工!


高齢者グループホームが完成しました。いよいよ11月から開所となります。
名前も新しく「ささえ手ホーム綾」となりました。
「地域に根ざした愛されるグループホームになってほしい」、また「いろいろな人生を送ってきた人たちが縁あって一緒に生活し、これからの人生を綾なして日々心豊かに過ごしてほしい」という願いが込められた名前です。
 
建物は東西に長いかたちですが、朝から夕方まであちこちから太陽の光が入る明るい室内となりました。
どうしたら「家」らしくできるだろう?そもそも家らしさって何だろう?と考えながら設計を進めてきました。
間取りとしては、ゆるやかにつながる居間・食堂・台所を中心に、居室がその周りを囲むように配置しました。みんなの気配やごはんの匂いを感じながら、ひとりの時間⇔みんなで過ごす時間を心も体も行ったり来たり・・・そうして、他人と暮らしながらもひとりひとりがそのひとらしく安心して暮らせる家になればと思います。
さて設計ではワークショップ形式も取り入れ、あーだこーだと意見交換してきましたが、そんな内容が使い易さにつながっているでしょうか…設計者としてちょっぴり気を引き締める内容もちらほらです。(^ー^;)
また1階には土間と和室を設えました。ゆくゆくは子どもからお年寄りまで地域の方が集まったりして。予想を超えてこれからどう使われていくかも、楽しみですね☆
 
何もなかった空き地から始まり、半年をかけて、施工者、職人、専門業者、たくさんのひとの「思い」と「手」によってつくられてきたグループホーム。関わってくださった皆さん、本当にありがとうございます。
因みに入口の脇に植えているクロガネモチの木は、もともと敷地に生えていたものを移植しました。これからもこのグループホームの育ちを共に見守ってくれますように~建物は、できたときが始まりでもありますね。
またちょこちょこ寄せていただきたいと思います。(sawa)
「高齢者グループホーム」の記録-鉄骨建方
昨年から計画を進めてきた「グループホームふくふく(仮称)」です。
今年春からいよいよ現場がスタート!鉄骨も立ち上がってきました(写真)。
1階が介護ヘルパーステーションと和室、2・3階がそれぞれグループホームで、あわせて18人のお年寄りが住まう「大きな家」となります。
計画はワークショップスタイルで進めてきました。
ひとりひとりの居室に洗面台をつけるかどうか、共用のトイレの位置はどこがいいだろうか、お年寄りの居場所とは・・・などなど、いろんな話し合いを積み重ねてきました。介護現場からの意見や管理する側の考え、個人としての価値観、少しずついろいろ違う皆さんで意見を出し合って進めるのは、難しいこともあるけれどとても楽しいです。
最近は「外壁まわりの窓ガラスのどこを透明にするか、くもりガラスにするか」という意見交換で白熱!?している模様・・・ ひとつひとつの決めごとから空間ができあがっていきます。
さて、どんなグループホームになっていくでしょう!?乞うご期待☆ (Sawa)

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
26
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz