KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 | Next
2018年初春
torei4.jpg 2018年も よろしくお願いいたします。


現場の記録ー「棟上げ」
torei4.jpg 9月に地鎮祭を行なった「第2宝箱新築工事」は、10月に入り、現場での週1回の定例会議がスタートしました。その間、構造体(鉄骨、基礎梁等)と設備の取り合いについて等確認を重ねてきました。そして、ついに12月9日棟上げの日を迎えました。
 当日は、奇跡的な晴れ間で、法人の施設に通う利用者、職員だけでなく、ご近所の方も老若男女集まってくださいました。理事長の挨拶のあと、まずは子供向けにお菓子の入った紙袋が舞い、その後大人向けにお餅が舞いました。
 お餅の中には、宝くじが入っていたり、あたりのシールが付いたものは、箱ティッシュやジュースと交換。終始、笑顔笑い声のあふれる「棟上げ」。みなさんの笑顔で、建物に福を招くことができました。

現場の記録ー地鎮祭
 柳川市の「第2宝箱」につづき、久留米市で保育園の建替え工事がスタートします。先日、来春完成を目指し起工式が執り行なわれました。
 建設にあたっては、計画ワークショップを3回行ないました。3月・4月・5月と園が何かと慌ただしい時期で恐縮でしたが、法人が運営する2つの保育園から職員の方に参加いただき、「(定員50名の小規模な保育園ゆえに)各歳児の園児数に変動があるので、保育室に自由度がほしい」「園庭は遊具スペースや運動会の時のテントスペースを確保したいので、植栽等の計画は控えたい」等いろいろ意見を聞くことができ、とても計画にあたり参考になりました。
 両隣のイチゴ農家、大豆農家の方からご理解・ご協力を得て、仮設通路を確保し工事を行なうことができること、本当にありがたく思います。現場のみなさん、職員の方と確認作業を重ねながら、完成に向け進めていきます。
torei4.jpg

 
現場の記録①-地鎮祭
 昨年夏から職員の方たちとワークショップを行なってきた建物の着工にあたり、先日地域の方にも参加いただき地鎮祭が執り行なわれました。
torei4.jpg 障がいをもった利用者の方が日中過ごすスペースとショートステイの機能等をもつ建物です。法人としては初めての新築の施設。ここで新事業に取り組むということで、地鎮祭では理事長より感慨深いお話しがあり、利用者、職員、地域の方々の新施設への期待をあらためて感じ、身の引き締まる思いがしました。
 今回祝詞をあげてくださった禰宜さんは、年はじめに毎年法人でお詣りしている神社の方で、理事長や施設長とは個人的にもご縁があるということで、法人が施設を新築することを一緒に喜んでくださいました。
 これから来春に向け、現場のみなさん、職員のみなさんと確認作業を重ねながら、現場を進めていきます。
現場のみなさん、安全第一でよろしくお願いします。(Tsuki)
1 2 3 4 5 6  | 次のページ »
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz