KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
新緑の飛騨高山と白川郷⑤
 茅葺き民家の集落でとても有名な「世界遺産 白川郷」、念願の訪問となりました。まずは、城山天守閣展望台から萩町集落を一望。
torei4.jpg お天気にも恵まれ、テレビや本で何度も見たことのある合掌造りの集落群が眼下に広がり、ワクワクが止まりません。 さっそく展望台を後にし、集落近くの公営駐車場に車をとめ、いざ集落へ。駐車場にある土産屋も、トイレもほとんどが合掌造り。そこはまるでテーマパークのようでした。
 生活と観光が共存していて、もちろん観光を対象とした仕事でない方も住んでいる。そのなかで、どうしたらここまで維持できるのだろうかと疑問に思い、旅行から帰ったあと調べてみました。
 江戸中期から昭和初期に建てられた合掌造りは、ダム建設による集落消失、小集落の集団離村、火災、建物の転売(他地域への移築)等で、大正13年には約300棟あったのが昭和36年には190棟まで激減。このままでは白川村に合掌造りがなくなってしまうと住民たちが危機感を抱き、昭和46年には、地域内の資源を「売らない」「貸さない」「壊さない」の3原則をかかげ、「白川郷萩町集落の自然環境を守る会」が全住民の総意で発足、保存活動が始まったそうです。全住民の総意というところが、すごいですね。
 この活動が実をむすび、昭和51年に国の重要伝統的建造物保存地区(伝建地区)に選定、平成7年には世界遺産に登録されました。平成9年には「(財)世界遺産白川郷合掌造り保存財団」を設立。財団になり、集落内の住民の生活環境を向上させ永く後世に継承していけるよう、運用益を活用して柔軟に対処できる組織となったそうです。
 集落近くの公営駐車場の駐車料金には集落保全の協力金が含まれているとのことでした。この財団では、差し茅、棟茅葺替え、修理費、トタン屋根の部分を茅屋根の色彩に調和したものに葺き替え・塗り替えする際等にも助成をしています。国庫補助事業の対象であっても、個人負担が過大なため、この助成は大きな役目をしているようです。観光に関わる仕事をしていない所有者に対して助成の配慮があるというのも、集落全体で取り組んでいる故だと印象的でした。また、散策中田んぼと合掌造りの組み合わせがより魅力的にしていると思っていたのですが、集落の田んぼを保全するため水田復旧事業という取り組みも財団で行なっているそうです。(Tsuki)

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード   
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
26
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz