KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | Next
映画『鬼に訊け』
521e11a0.jpg 週末、映画「鬼に訊け」を観てきました。
 この映画は、「最後の宮大工」と称される西岡常一氏の薬師寺伽藍再建を追ったドキュメンタリー映画です。「そんなことしたら、ひのきが泣きますよ」など、印象に残る、重みのある言葉がたくさん出てきます。どんなときも仕事にまっすぐ向き合う姿勢をひしひし感じます。大工の技術、仕事に見惚れます。おすすめしたい映画です。
 福岡では、中州大洋で上映されています。当初の予定より、上映期間が延長されていますので、ぜひご覧ください。                                       (Tsuki)
  【映画公式HP】  http://www.oninikike.com/
  【中州大洋】    福岡市中央区中洲4-6-18
              4月14日(土)~5月11日(金) 上映時間はご確認ください
              http://www.nakasu-taiyo.co.jp/index.html
ザビエル旧聖堂再生プロジェクト
36d59b92.jpeg
 鹿児島市の旧ザビエル聖堂が、福岡県宗像市に移築復元されていることをご存知ですか。
 1949年に建てられた木造の教会で、間口13m、奥行き32m、高さ21m。建て替えのため解体することが決まり、「この建物は残さなくてはいけない」とNPO文化財保存工学研究室が立ち上げられました。2003年からスタートした工事は、その作業の大半をボランティアが担い、来春の完成を目指して進められています。
 4月14日(日)「完成を1年後に控えた見学会と報告会」が開催されるということで、二人で参加してきました。昨秋に現場を訪れたときは、内部は漆喰塗のための下地が組まれた状態(写真:上段左)でしたが、中塗りを終えた状況(写真:中段右)で、印象が変わっていました。見学のあと、柱頭に付く飾りや水平材に付く飾りの製作実演を見学。左官職人で、この技術を継承している人が少ないこと、時間、費用がかかることから、 ボランティアメンバーが左官職人や文化財修復の専門家から手法、意見を得ながら、木枠やシリコン型に石膏を流し込み製作する方法を見出したとのことでした。これらの3000近くの飾りが、今後取りけられるとのことで、ますます完成の姿が楽しみになりました。
 復元にあたっては、強度を増すためには多少の見てくれは悪くても柱などの構造材を追加したり、耐久性や維持への配慮をしていると建物修復家の土田理事長より説明がありました。復元することに意味があるのではなく、後世にこの建物を残す(つなぐ)ことを意識されていることを強く感じました。
 1年後の完成までに、また見学にうかがいたいと思っています。木造の教会の建築過程を見る機会は、この先あるかないか。とても貴重な経験で、今回も終始興奮状態でした。 (Tsuki)
 NPO文化財保存工学研究室BLOG http://ameblo.jp/iglesia-de-xavier/
 
日本の高齢化率とトイレ
先日、衛生機器メーカーさん主催の「高齢者施設セミナー」に行ってきました。
 ■日本の人口に占める65歳以上の高齢者人口はどのくらいか、ご存知ですか
   2010年10月現在で23.0%。
21%を超えている現代は、「超高齢社会」と分類されます。ちなみに、福岡市は17%の「高齢化社会」。都市から離れた福岡県内の地域はすべて25%超、東峰村が一番高く36.5%だそうです。
 ■トイレに1日何回くらい行きますか
   私たちの世代で平均6回くらい。
   高齢者の方は、少ない人で4回、多い人では11回。
トイレを我慢することは膀胱炎の恐れだけでなく、腎臓や脳神経にも影響を及ぼすと言われています。トイレに行きやすい環境、必要によっては介助を受けやすい環境にしたいものです。ということで、便器と壁との距離感、便器と出入り口の関係、手すりの位置等の検討は、使う人に合わせた検討が重要となります。
 また、延床面積(2000㎡以上)あたりの用途別上水使用量は、ホテル・旅館に次ぎ、福祉施設が大差なく多いそうです。メーカーは近年節水性能の向上に努め、従来のものより60%ほど節水できる商品も出ています。利用頻度の高い高齢者施設、病院等では、この差はランニングコストの低減に大きくつながりそうですね。あわせて、衛生的な空間を保つため、清掃性やメンテナンス性に配慮した商品も多く提案されています。
 これまでも、高齢者施設、住宅等も含め、あらゆる建物の設計の際、トイレ環境などの水回りについては個々に考えていましたが、今回メーカー研究の客観的なデータや考え方を知ることができ、よかったです。今後の参考になるとてもよい講座でした。             (Tsuki)
今、コレクティブハウスが熱い
 先日、3人で(NPO)FUKUOKAデザインリーグ主催のイベントに参加してきました。
東京で今月行われた「コレクティブハウジング全国大会」の報告会。
 http://www.chc.or.jp/conference/index.html

 (NPO)コレクティブハウジング社(以下CHC)の活動は、メディアで取り上げられることもあるので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、コレクティブハウスを実現させるため、居住者希望の方へのワークショップ等を企画、事業主とのコーディネート、居住者へのサポート等を行っていて、コレクティブハウス普及に大きな役割を担った、担っている団体です。
 全国大会でP1090590.JPGは、CHCが実際に計画運営に携わっているコレクティブハウスを見学し、、居住者、運営側(事務局)、事業主の声をきき、CHCが実践してきた10年の紹介。また違った形で開かれたコミュニティを実践している方の話をきく機会があったようでした。
(写真:かんかん森 コモンダイニング)
報告のなかで、印象的だったことをいくつか・・・
 ・世界で2%の人がコレクティブハウスに関心がある
 ・あまり住戸数が多いのもよくない(最小限の社会性)
 ・住民同士がフラットな関係であることが大切
 ・コレクティブハウスには付加価値があり、駅から遠くてもOK。
  不人気物件でも需要ある建物に変わる可能性あり
 ・コレクティブハウス内でコミュニティがあるので、地域(自治会)との連携がとれ、分譲の人、
  地域の人も歓迎

 この報告を踏まえて、福岡でコレクティブハウス実現について意見交換も。最初からCHCのような充実したコーディネートは敷居が高くなってしまい、なかなか実現ができないけど、少し肩の力を抜いたものでも実現できたらいいね、したいねという締めくくりとなりました。
 現在、大分で検討がはじまっているコレクティブハウスの紹介もありました。
 http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_131908592241.html

<ことば>コレクティブハウス
各住戸のスペースとは別に、コモンスペースと呼ばれる、キッチンやリビング等共有の空間があり、建物の管理などを居住者同士で行い、シェアハウスより、より積極的に、居住者同士、ときには地域と関わり合い支え合う集住スタイルの一つ。
(Tsuki)
« 前のページ | 1 2 3 
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz