KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
日本の高齢化率とトイレ
先日、衛生機器メーカーさん主催の「高齢者施設セミナー」に行ってきました。
 ■日本の人口に占める65歳以上の高齢者人口はどのくらいか、ご存知ですか
   2010年10月現在で23.0%。
21%を超えている現代は、「超高齢社会」と分類されます。ちなみに、福岡市は17%の「高齢化社会」。都市から離れた福岡県内の地域はすべて25%超、東峰村が一番高く36.5%だそうです。
 ■トイレに1日何回くらい行きますか
   私たちの世代で平均6回くらい。
   高齢者の方は、少ない人で4回、多い人では11回。
トイレを我慢することは膀胱炎の恐れだけでなく、腎臓や脳神経にも影響を及ぼすと言われています。トイレに行きやすい環境、必要によっては介助を受けやすい環境にしたいものです。ということで、便器と壁との距離感、便器と出入り口の関係、手すりの位置等の検討は、使う人に合わせた検討が重要となります。
 また、延床面積(2000㎡以上)あたりの用途別上水使用量は、ホテル・旅館に次ぎ、福祉施設が大差なく多いそうです。メーカーは近年節水性能の向上に努め、従来のものより60%ほど節水できる商品も出ています。利用頻度の高い高齢者施設、病院等では、この差はランニングコストの低減に大きくつながりそうですね。あわせて、衛生的な空間を保つため、清掃性やメンテナンス性に配慮した商品も多く提案されています。
 これまでも、高齢者施設、住宅等も含め、あらゆる建物の設計の際、トイレ環境などの水回りについては個々に考えていましたが、今回メーカー研究の客観的なデータや考え方を知ることができ、よかったです。今後の参考になるとてもよい講座でした。             (Tsuki)

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード   
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz