KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
現場の記録-「とんがり屋根お披露目」
 恵愛会デイサービスセンターの現場は、めまぐるしく変化しています。
IMG_4129.JPG 内部は、壁や天井の下地材の取付が終わり、木部の塗装がはじまりました。外部も、サイディング張りが終わり、木部塗装がはじまりました。ウッドデッキには垂木がかかり、建物の大枠を作ってくださった大工さんの作業が一区切り。仕上げに向け、まだ少しお願いすると思いますが、工期の厳しいなか、大工さんありがとうございました。
(写真:現場で打合せ中のNW棟梁と所長)
 木部の塗装がはじまり、空間にめりはりができ、また全ての下地がついたことで、一度は「思っていたより狭いような・・・」と思った空間も広く感じられるようになってきました。人間の感覚とはおもしろいものです。そして、外観にも変化が。ついに足場が解体され、とんがり屋根がお披露目となりました。屋根の存在感あり!。南側には太陽熱温水器が載りました。
IMG_4139.JPGIMG_4146.JPG
 現場ではサイン・看板、車寄せ部分等の打合せを重ねています。外構工事もスタートしました。天候にもよりますが、今月いっぱいですべての工事が終了する予定です。さすがにここ最近は、恵愛会さんのデイサービス責任者Yさんや現場監督IZさんとの連絡をとる回数が増えています。あと少し、みんなでがんばっています。                       (Tsuki)
現場の記録-「階段」
IMG_3923.JPG 定例の打合せがあり現場に行ってきました。
一週間の間に(当然のことですが)現場は進んでいて、空間ができあがっていくことにテンションが上がります。
 昨日は、N棟梁が階段の製作していました。打合せが終わり帰るときには、取付まで完了。勾配の緩やかな階段です。これからは、梯子ではなく、階段で安全に2階に上がれるので、次回は現場スタッフのYさん達を2階へご案内したいと思います。
 打合せでは、照明器具、衛生設備の最終確認をしたり、タオルペーパーホルダーの取付位置など、現場スタッフに確認する内容が増えてきました。また、家具・建具の職人さんと製作図を見ながら割り付け、金物、取っ手の高さ等の確認もはじまりました。何度かやりとりをして、製作をお願いします。次回の打合せでは、外壁の仕上げ、内部の木部塗装の色を決めます。            (Tsuki)
 
現場の記録-「浴室の完成」
 現場は、年末にスタートした鋼板張りが終わり、屋根工事が完了しています。だんだんパースの姿に近づいてきます。外壁は防風透湿シート張りまで進み、内部も間仕切りの壁がたち、天井の下地を張り始め、ひとつひとつの空間が大枠見えてきました。
 1月14日には浴室が完成しました。この浴室は、基本的には個浴ですが、利用者の希望によっては2名で入ることも可能な洗い場の広さを確保しています。恵愛会さんからは、汚れがたまりにくい壁、ヒヤッとしない床に、水漏れ等の心配がない方がよいとのご希望がありました。この要望に沿うには、在来工法の浴室より、システムバスの方がベストだと思ったものの、システムバスの規格というと、四角形の大きくても1.25坪と呼ばれるサイズ位まで。今回は、長辺3.7m、しかも台形。そんな中、どんな形にも対応が可能なオーダーメイドのシステムバスがあることを知り、設置することになりました。
IMG_3908.JPGIMG_3909.JPG
  浴室はこのような感じに仕上がりました。
 壁パネルは、下部は石目柄、上部は木目柄で貼り分けをしています。浴槽の右側には、この形に合わせて製作した移乗台を置けるようになっています。今は、まだ床等に養生がしてありますので、後日あらためてお披露目します。
 お手入れのしやすいシステムバスで、浴室は四角にしないといけないという概念を外し、奥行き、間口ともに最大5mまで好みの広さ(今回利用のメーカー)にできるというのは、浴室空間を考える際の自由度が広がりますね。                               (Tsuki)
 
現場の記録-「大工・屋根工事」
 当事務所はお正月休みに入らせていただきましたが、工期に余裕がないため、現場は12月30日まで作業をしてくださいました。この日は、16日に決めた色のガルバリム鋼板を葺いていく屋根工事、サッシ取付や外壁の構造用合板張り等の大工工事が行なわれていました。内部は、配管や電気線などがまわっていて、空間のイメージがより具体的に見えてきます。
 また、この建物の屋根は矩勾配(かねこうばい、屋根の流れの角度が45度)で、勾配がきついため、足場を組むのも一苦労、屋根屋さんの作業も容易ではありません。とんがり屋根が特徴のこの建物、職人泣かせですが、すべての面にガルバリウム鋼板が葺かれ、全貌が公開となる日が楽しみです。
 12月30日まで、作業をありがとうございます。2012年3月の引き渡し、4月デイサービス開設に向け、2012年も引き続き、よろしくお願いします。                     (Tsuki)
« 前のページ | 1 2 3 4 5  | 次のページ »
HOME
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz