KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | Next
現場の記録―「上棟式」
 博多山笠の「追い山」が行われた 7月15日の夕方、MH邸では上棟を祝して、上棟式、餅まきをしました。
 上棟式とは、無事棟が上がったことを喜び、感謝するもので、「儀式」というよりは、建て主が職人さんや地域住民と共にする「お祝い」という意味合いの方が強いかもしれません。あわせて、工事に携わっている人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力で家をつくり上げていこうと、改めて確認します。



CIMG0106.JPG 最近は餅まきをする方が珍しくなっていますが、今回は建て主さんのご希望もあり行いました。現場に「餅まきをしますよ」という案内を貼っていただけだったので、どのくらいの方が集まるか心配でしたが、近所の子どもたちやお母さんたちが集まってきてくれました。5円玉入りの紅白の祝い餅や駄菓子を、MHさんや棟梁たちが投げはじめると、みなさん必死です(笑)。かばんの口を大きく広げ、飛んでくるのを待つ子も。近くの公文教室の先生が、こういう機会はなかなかないからと、ちょっと授業を中断し、子どもたちを連れてきてくださっていたとか。年配の方も、「何十年ぶりかしら。」と童心に帰って?、お餅をひろっていらっしゃいました。

やっぱり餅まきは、楽しいですね。
現場には笑顔がいっぱいで、この建物にたくさんの幸せが舞い込んできました。
地域の方と一緒にお祝いができたMH邸でした。
秋の竣工にむけて、職人さんたちとがんばります。                    (Tsuki)
現場の記録 - 建方工事

昨日の午MH-110623.JPG後から、梅雨の晴れ間。
この晴れ間を待っていました。平屋部分の建方工事がスタートです。
今朝、MH邸の現場に行ってみると、平屋部分の柱が組みあがり、屋根の形が少し見えてきました。明日には入母屋部分の姿も見えてきそうです。
玄関ホールに鎮座する大黒柱も、組み込まれていました。どのようなものにするか、大きさ、形、材種をお客様と検討した結果、30cmくらいの杉の磨き丸太に。建方の時点で、すでに存在感があります。内装とともに、この玄関ホールがどのように仕上がっていくのか、今から楽しみです。
先週建方工事を終えた2階建て部分は、窓枠を固定するための間柱等が取りつき、家に表情が出てきました。梅雨の晴れ間がもう少しつづくことを願いつつ・・・。(Tsuki)
 

現場の記録 - 建方工事
今朝、MH邸の現場を見てきました。
MH-0617.JPG2階建ての部分だけですが、屋根の下地まで組みあがっています。各部屋の天井高を高めに設定したこともあり、かなりのボリューム。組みあがってくると、やはりテンションがあがります。
屋根の勾配に合わせ、棟から軒先に向けて屋根の骨格となる「垂木」、その間に「断熱材」、その上に「野地板」がのり、雨漏りを防ぐために「アスファルトル-フィング」という防水材で覆っています。ここまで作業が進んでいました。
今後、屋根材で仕上げ、この屋根に太陽光パネルが設置されます。
現場の記録 - 建方工事
MH邸の新築工事が進んでいます。
MH-0614.JPG5月10日からスタートした基礎工事が終わり、先週より大工さんにバトンタッチ。土台敷き、柱を建てる工事が始まりました。
昨日は、クレーンが入り、大工さんも10名。2階建て部分のボリュームが見えてきました。
北部九州は梅雨入りしたため、空模様と相談しながら、現場が進められていきます。



« 前のページ | 1 2 3 4 
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz