KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | Next
「風ひかり作業所」が開所
torei4.jpg  4月11日、「風ひかり作業所」の開所式が行われました。この日は、地域の方、日頃から作業所を応援してくださっている方、近くの福祉施設の方の出席もあり、仲間・職員を含めると100名くらいが食堂に集まりました。
 出席者の方からは、「木の香りがする」「無垢板が貼ってあるから車いすにも強そうでいいね」「窓から見える景色がきもちいいね」という感想が聞こえてきました。式のなかで、4月1日よりこの作業所に通っている仲間の方が「前の建物はトイレが1つしかありませんでした。今度は7個もあります。この建物は、木をいっぱい使っていて、自然にも優しく、膀胱にやさしい建物です」と挨拶のなかでお話し、会場を笑いに包みました。
 みんなで一緒にごはんが食べられる食堂や奥行きのあるテラスは、仲間たちの居心地のよい空間になっていると仲間の方からも、職員の方からも笑顔で報告をいただきました。 (Tsuki)

拍手[0回]

現場の記録ー「竣工」
torei4.jpg  3年前から職員や仲間たちと計画を進めてきた「風ひかり作業所」の工事が完了し、いよいよ4月から新作業所の使用がはじまります。
 建物には福岡県産材を、壁・天井等仕上げにもたくさん使用しています。当初から仲間、職員から強い要望があった玄関前の車寄せには大きな屋根がつき、送迎の車から雨に濡れずに建物に入れるようになりました。また、車いすの仲間も動きやすいよう、廊下幅や建具の開口をなるべく大きくとり、建具枠や建具にはキックガードを共通で施しています。
 [上段中]靴箱、ベンチ、掲示板を備えた風除室
 [上段右]仲間念願のテラス側からの出入りもできる来客者との打合せスペース
 [中段右]全員で食事ができる広さを確保した食堂と50人分の食事を作る厨房
 [下段左]幅2m弱あるゆったりとしたテラスは雨の日も活用できそうです
 [下段中]トイレは(厨房用も含み)腰掛便器7、小便器3に増えました
 [下段右]搬出入が多い帳合い班は、屋根のついた段差のない1.5mの開口確保

 外構関係の工事も多く、工期が厳しい現場でしたが、工務店、職人の方たちの協力のもと無事に工事を終えることができました。 (Tsuki)

拍手[0回]

現場の記録ー「まもなく工事完了」
torei4.jpg  風ひかり作業所の新築工事も終盤となってきました。照明器具や建具、家具、棚等も取り付けられました。残る外構工事も、天気に左右されながらも、工期に間に合うよう職人さんが集結し作業を進めています。
  右の画像は、新しい作業所に通う予定の仲間たちが発行している「風ひかり通信」です。11月初旬の上棟式が記事になっている号をいただきました。上棟式に参加しての感想や新作業所への期待が記されています。一昨年4月から職員とのワークショップを5回行ない、作業所の仲間からの意見を交えながら、建設委員会で計画をつめ、昨年10月から工事がスタート。新作業所、まもなく完成です。 (Tsuki)

拍手[0回]

現場の記録ー「足場解体」
torei4.jpg  1月に入り、各現場にはたくさんの職人さんが集結し、春の使用開始に向け、作業が進められています。
  風ひかり作業所は、外壁の仕上げが終わり、先週外壁まわりの足場を解体しました。どの範囲まで木目にするか、何度も検討した外壁がお披露目となりました。妻側の化粧材もポイントです。
  内部も配線作業、間仕切り壁、天井の下地、建具枠の取付も終わり、仕上げに向け着々と進んでいます。家具、建具の打合せもほぼ完了し、製作に入りました。現在は、サイン、室名札等について作業所の方と打合せをしているところです。 (Tsuki)

拍手[0回]

« 前のページ | 1 2 3 4 5  | 次のページ »
HOME
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz