KAZE通信

風土計画一級建築士事務所の事務所日記
Prev | 2018/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | Next
現場の記録-「建方検査」
 現場では、11月26日に鉄骨の制作工場で製品検査を行なった鉄骨の組立てが行なわれています。基礎だけの状況だった先週から、風景が一変。庇の出も加わり、大きな建物であることを実感します。12月6日には、定例会議の前に、建方検査を行ないました。トランシッタをのぞき、柱脚部から上部まで柱が垂直に立っていることを確認しました。構造以外の部分では、建具、太陽光パネルの設置エリアの承認が終わり、衛生器具の内容を最終確認しています。
IMG_5743-horz.jpg
現場の記録-「配筋検査」
 昨日は、基礎のコンクリートを流し込む前の配筋検査でした。
構造事務所の2名に同席してもらい、設計どおりに配筋がされているか、丁寧に確認をしていきました。コンクリートを流し込む前までに、いくつか確認しておくポイントの指示があり、さっそく作業をしてもらいました。配筋検査は無事に終わりましたので、翌朝(本日)よりコンクリートの投入となり、養生期間に入ります。
 この状態までなると、今回増築する建物の大きさが明確に伝わってきます。来月は鉄骨の躯体が建つので、高さが加わり、ボリュームが出てきます。
haikinkensa.jpg
 
現場の記録-「地鎮祭・起工式」
IMG_5451.JPGIMG_5454.JPG
本日は、H保育園増改築工事の地鎮祭・起工式でした。
お天気は、あいにくの雨。「雨降って地固まる」という言葉がありますし、なかなか雨の日の地鎮祭を経験することはないので、思い出に残りますねと出席の先生。私も、長靴をはいて出席させてもらいました。
 祭事中は、園児さんが2階からも興味津々なようすで見届けてくれました。1つのクラスの園児さんは、敷地に入り出席。玉串奉奠では、祭壇の前に立ったお友達と一緒に、先生の「みんな一緒に2回おじぎをします」の合図で「二礼二拍手一礼」をし、一緒に工事の安全を祈願。保育園らしい、あたたかい地鎮祭となりました。
 縄張りをした敷地をみると、工事が始まることを実感します。園児や先生には、園庭が使えなくなったりと、しばらく不便をかけますが、春には喜んでもらえるよう頑張ります。
« 前のページ | 1 2 
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
風土計画
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/10/01
自己紹介:
(株)風土計画 一級建築士事務所
福岡市中央区今川二丁目9-4
TEL 092-737-3633
カウンター
|
Material by Quartz